学校

NHK取材

先週、NHKのクルーが当大学にいらっしゃいました。
私が日本人代表(と勝手に思っている)でキャンパス案内し、
その後、彼らの主目的であるセミナーにも参加。

午後1時から5時までのイベントでテーマは
“ケース(注)インタビュー”

(注)実在する企業の経営事例を物語調にまとめた冊子

ゲストスピーカーは、これまで100以上のケースを書き、
8,000人以上のハーバードの生徒をトレーニングしたという
Marc Cosentino(マーク・コゼンティーノ)。

NHKの4月からの番組“ソクラテスのなんたら(仮)”
というプログラム第一回目に
このケースインタビューについて紹介するとのこと。

セミナーは前半と後半に分かれていて、
私のほう授業の関係で前半しか参加できなかったのですが、
なかなか面白いことをやっていました。

問題
D社が幼児用使い捨てオムツを生産を考えています。
さて、米国での市場規模(年間に販売できる最大数)は?

論理
1.米国の人口が3億人として…
2.平均寿命が75歳とし、各年齢層に平等の数がいるとして…
3.更に、オムツを使うのは0歳から3歳までで…
4.そのうちの8割が使い捨てオムツを使っていて…
 (2割は未だ布オムツなどを利用!?)
5.この赤子たちは日に5回オムツを変えるだろう…
6.そして365日ずっと出すものは出すだろう…

3億人÷75×4×80%×5回×365日=
年間233億6,000万の使い捨てオムツ


が米国全体で販売されることになるだろう。

面接官の評価のポイントは、
数が実際に正しいかではなく、考え方なのです。

なるほど、頭からこういった推測をしておかないと
後々「何調べてたんだっけ月」となりますね。

興味のある方は、是非番組を見てください。
そして、私が映っているかの確認もお願いします。

生存確認

しばらくの間、ブログ更新拒否をしていました。


何故か!?


12月、2週間フロリダのビーチで冬休みを過ごし、
さっぱりとした感で学校に戻ってみると
プログラムディレクター及びアドバイザーからの呼び出し。

手渡された一枚の紙。主題は、

“Academic Probation”

ニュー単語なため、話を聞いているふりをしつつ
その場で辞書をひいてみる

…成績不振による保護観察処分


保護されました 宇宙人宇宙人宇宙人



2月に行われる5つのファイナルエグザムで
なんらかの成果を出せ、ということで、
ここ2ヶ月、四苦八苦しておりました。
結果は微妙ですが、ひとまず完走、
ただ今、やりきった感で満たされています。

というわけで、ご心配おかけしましたが生きてます。
今後も更新頑張ります。

News Release

何か近場で息抜きできることはないかな、と
途方にくれていた一ヶ月前のある日の朝、
「地元の小学校でコンピュータースキルを教える
ボランティアメンバーが不足してます。」との情報を入手。

毎週月曜日の午後3時から5時までの2時間、
ワードやエクセルなどの簡単な操作方法を
他のボランティアと共に教えるというのが主なタスク。

ボランティアという善良な市民的響きに誘われ、参加即決。


……


感激、全部、わかる。
使われる英語も簡単(ビジネススクールと全然違うぅ)
授業の内容も完璧理解できる!!

映画に出てくるような可愛らしい子供たちが
「アーユーチャイニーズ(あなた中国人)?」と寄ってくる…
「ノー、アイムジャパニーズ(いいえ、わたし日本人)」
と中学校英語レベルで十分。

授業の終わりに外で「鳥折って」と破ったノートを
手渡され、鶴のことだろうと作ってあげると
「クール(格好いいっ)!!」とお褒めの言葉。

ここでは、何をしてもすごがられ、まさに天国。

しかしながら、ボランティアが思ったほど集まらず、
生徒約20人に対し、Wake Forestメンバーが
わたしとダニエルのふたりっきり。

飽きてきた子供たちが席を立って
お互いにちょっかいを出しあうのを体を張って阻止。
彼らの集中力をどうやって維持するか、
毎回授業の後に作戦会議です。


初回の様子が学校の新聞に取り上げられました。
原文はこちらから…

(わたしに関する記事の部分のみ抜粋)

img_1847-b_1.jpg

Ishiyama is from Funabashi Chiba, Japan, and she joined the group because she wanted to see what elementary schools in America were like. “I want to see what life in America is like outside of school,” she says. “It’s my first time visiting a U.S. elementary school. I’m exploring America. I want to see the differences between Japanese kids and American kids.”
日本、千葉県船橋出身の石山。彼女はアメリカの小学校がどんなものか見てみたかったので参加した。「学校以外のアメリカの生活を見てみたかったんです。」と彼女は言う。「これはわたしにとって初めてのアメリカン小学校訪問なの。わたし、アメリカを探検中なの。アメリカの子供たちと日本の子供たちの違いをこの目で確かめてみたいわ。」

One difference Ishiyama noticed right away was when they pulled up to the elementary school. “I saw parents picking up their kids,” she says. “In Japan, kids walk to school.”
石山が小学校に到着して真っ先に気がついたのは「両親たちがお迎えに来ているの。」彼女は続ける。「日本では、子供たちは歩いて学校に行くのよ!」

Ishiyama told the Mineral Springs students that she needed them to help her learn English.
石山はミネラルスプリングの学生たちに、英語の勉強を助けてほしいと話していた。


完全あほキャラですが…。
なぜ、こんな記事に仕上げてみたのか、
摩訶不思議ライターLisa(リサ)。

そのうち写真もどっかにアップされるようで、
顔と名前が一致しないといいなと願いつつ…宇宙人汗

大きなテストを乗り越えて

4時間半にわたる管理会計の試験が終了しました。

1週間前までWhat’s going on(何が起こっているのか)
状態で ※状況が把握できない時などに広く使える
授業を受講していましたが、クラスメートに助けられました。

そう、ちょうど一週間前、試験対策チームとして
5名ほどの小さなグループを任意に結成し
連日連夜深夜2時過ぎまで居残り勉強。

大規模な学校であればクラスの人数を調整するために
7-8セクションに分けて授業を行うのでしょうが、
小規模ウェークフォレストはAとBの2セクションのみ。

顔と名前さえ一致すれば皆友達のわたしにしてみれば
現在既に80%のクラスメートは友達で、
今回の試験対策チームも異なるセクションのチームに入隊。
かなり「やる気」だったので、非常に快く迎え入れてくれました。

「やる気」とは、そのチームの試験対策が的外れな結果で
共に沈没したとしても恨みっこなしということ。


長時間を共にして一番素敵と思ったのは、
アメリカ人男子の時間の使い方。

大体夕方4時頃集合し、勉強を開始。
4時間程あーだこーだの議論を繰り返し、
煮詰まってきた頃、一旦解散。

ジムで汗を流したり、フットボールの練習に参加し
1時間後に再度集合し、勉強を再開。

この短時間のエクササイズが疲れきった頭を
(シェイクシェイクで)リラックスした状態に戻してくれます。

そこまで時間がなく、うっかりうとうとしてしまった際には
「20回ジャンプ」の指令が下され
その場で即席エクササイズという場面も。

しんどい時もこんな仲間と一緒なら乗り切れそうです。
明日もジムに行こうかな、と思います。

1ヶ月が経過して

ご無沙汰していましたが、まだ生きています。

「睡眠時間は4時間を覚悟しておけ」と言われ、
“そこまで脅さなくても…”と思っていましたが、本当でした。
実際、4時間取れればよいほうです。

授業の内容自体は充実しています。
現在、6つのコースを受講。
それぞれがどのような「考えるきっかけ」を
与えてくれているかをここで簡潔にご説明します。

■会計学&統計学
数字が私たちに何を語ろうとしているのか

■マクロ経済学
世界経済が一組織にどういった影響を与えるか

■組織行動論
どういう考えに基づき人と接するべきか

■コミュニケーション論
人の心に話しかけるにはどういったアクションが必要か

■アントレプレナーシップ論
どのようなビジネスモデルが健全かつ継続的に機能するか

自分でも驚いているのですが、
ここにきて一番困難に感じているのは「チームワーク」です。

これまで長い間一緒に働いてきたメンバーに囲まれ、
私に求められているものを把握するのに
大して時間を要しなかったのに比べ、
今回私を含め4人のメンバーの持つスキルや知識が
大きく異ならないことに加え、
言語の壁が私の貢献できる範囲を狭くし、
「足をひっぱっているのではないか」
という気持ちに駆られることがよくあります。

この気持ちをどう克服するかが、
私にとっての大きな課題となりそうです。

10月の中ごろから新たに4つのコースが追加され、
時間をどのように活用すべきかがますます問われてきます。
それまでに自分にとって何が大事なのか、
何を優先すべきか、できるだけ明確にしておこうと思います。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ