ご無沙汰していましたが、まだ生きています。

「睡眠時間は4時間を覚悟しておけ」と言われ、
“そこまで脅さなくても…”と思っていましたが、本当でした。
実際、4時間取れればよいほうです。

授業の内容自体は充実しています。
現在、6つのコースを受講。
それぞれがどのような「考えるきっかけ」を
与えてくれているかをここで簡潔にご説明します。

■会計学&統計学
数字が私たちに何を語ろうとしているのか

■マクロ経済学
世界経済が一組織にどういった影響を与えるか

■組織行動論
どういう考えに基づき人と接するべきか

■コミュニケーション論
人の心に話しかけるにはどういったアクションが必要か

■アントレプレナーシップ論
どのようなビジネスモデルが健全かつ継続的に機能するか

自分でも驚いているのですが、
ここにきて一番困難に感じているのは「チームワーク」です。

これまで長い間一緒に働いてきたメンバーに囲まれ、
私に求められているものを把握するのに
大して時間を要しなかったのに比べ、
今回私を含め4人のメンバーの持つスキルや知識が
大きく異ならないことに加え、
言語の壁が私の貢献できる範囲を狭くし、
「足をひっぱっているのではないか」
という気持ちに駆られることがよくあります。

この気持ちをどう克服するかが、
私にとっての大きな課題となりそうです。

10月の中ごろから新たに4つのコースが追加され、
時間をどのように活用すべきかがますます問われてきます。
それまでに自分にとって何が大事なのか、
何を優先すべきか、できるだけ明確にしておこうと思います。